コラーゲンドリンクの分子量

 

コラーゲンを選ぶ時に気になるのが分子量。
「低分子コラーゲン」のように分子という単語がついている物がたくさんあります。

 

では、この分子量とは一体どういう物なのでしょう?
正式に説明すると「分子を構成する原子の原子量の総和」と言う事になります。

 

何か、とっても難しいですね。
ですが、一言で言ってしまえば、「大きさ」です。
分子量の数が大きいほど「分子が大きい」と考えても大丈夫です。

 

ちなみにコラーゲンの分子量は約30万。
コラーゲンの成分を分解してより小さくしたコラーゲンペプチドで約3,000〜1万と言われています。

 

基本的には分子量は小さいほうが吸収率が高くなり、より効果も高まると考えられています。
ただ、成分の種類によっては大きさだけでは決める事が出来ない要素もあります。

 

ちなみにコラーゲンの種類によって性質や吸収率が変わります。
下記に一例を紹介します。

動物性コラーゲン
分子量
約30万
吸収率
食品レベル
熱分されたコラーゲン
分子量
約10万
吸収率
食品レベル
動物由来のコラーゲンペプチド
分子量
3,000〜1万
吸収率
吸収されやすい
魚由来のコラーゲンペプチド
分子量
500〜1万
吸収率
非常に吸収されやすい
魚のうろこ由来のコラーゲンペプチド
分子量
500〜1万
吸収率
極めて吸収されやすい

 

このようにコラーゲンと言っても特徴があります。
分子量と同様、コラーゲンを選ぶときの参考にしてみてはいかがでしょう。

人気コラーゲンドリンク

 アスタリフト コラーゲンドリンク

富士フイルムから登場したピュアコラーゲンドリンクです。
低分子ピュアコラーゲンが10,000mg配合されています。
アスタリフトのコラーゲンドリンクの1番の特徴はコラーゲンの質が非常に高いことです。
原料から1番最初に抽出された希少なコラーゲンのみが使われています。
また、抽出する時には低音でじっくり時間をかけて作られているのでコラーゲンの劣化を最大限に抑えられています。
さらに美容効果の高い「オルニチン」がしじみ約1,100個分に相当する400mg配合されているのも特徴です。



 天使のララ

多くの女優、タレント、メイクアップアーティストなどに愛用されているコラーゲンドリンク。
一時は手に入れるのに数ヶ月待ちとなったほど爆発的に注目を集めた人気商品です。
コラーゲン本来の三重らせん構造を壊すことなく、頻度の高い原液が抽出されています。
コラーゲン独特のにおいが無いのでどんな飲み物に加えても、美味しく飲めるのも魅力です。
1袋あたり4キロカロリーなのでダイエットの方にも安心です。



 おいしいコラーゲン

吸収しやすい低分子コラーゲンペプチドが10,000mg配合されています。
さらに美容成分「セラミド」が配合されているのが特徴です。
コラーゲン独特の臭み、とろみが無く、飲みやすいフレッシュなピーチ味
ジュース感覚で毎日続けやすいのも人気の理由です。